Chapter:01

メアリーは、信じることをやめなかった。

花柄のベッドカバーに、白い木目のチェスト。

チェストの上には、チャーム、十字架、パロサント、キャンドル・・・彼女の大切なものが並べられている。

メアリーは、お風呂から上がると、毎晩、キャンドルに火を灯し、手と手を組み、目をつむり、そっと祈った。

何を祈っていたのかは、秘密。

とにかく、彼女は祈りが届くと信じきっていた。

彼女の幼い妹は聞いた。

「信じるって、どういうこと・・・?」

彼女は答えた。

「”信じる”は、まだこの世にないものを、あるものに変えることよ。」





Chapter:02

シェードランプがチカチカ灯り、

チェストがカタカタ動き出す。

 

一体何が起こっているの?

これは私の夢の中?

 

窓の外では、お月様が喋りはじめる。

「今夜ひとつ、夢を作ろう。

当たり前の世界では思いつかないような、素敵な夢を・・・」

 

扉だらけの部屋の中、メアリーは夢中になって、夢の材料を探した。

お花にパール、大きな襟やリボン。

自分の手で、ときめきをひとつずつコラージュした。

 

「できた!これが私の夢なんだ!」

そこには、これまでに見たことのない、オリジナルな夢が現れた。

 

ーーー 朝、目覚めると、

メアリーの胸の中にはちいさな希望がキラキラと光って、

これから進むべきあたらしい道を、ひっそりと照らしていた。

 

 

 



Chapter:03

窓の外には、たくさんの人の気配。

これまでうつむいて見えなかった景色が広がる。

みんなそれぞれ、色違いの願い事があって、

どれもおなじくらい輝いている。

私の好きを信じたら、誰かの好きを守りたくなった。

今日はクリスマス、あなたの願いを教えて。

今からすぐに会いに行くから。

 

 

 

¥ 3,300
¥ 2,200
¥ 19,800
¥ 17,800
¥ 19,800
MOBILE SITE
qr
star
Spotify Instagram Podcast